AxCx The Early Years 1988-1991(2000)

HOME > A > anal cunt album list > The Early Years 1988-1991

スポンサーリンク

Anal Cunt アルバムリスト

Anal Cunt
(1988-1990,1991-2000,2003-2011)

The Early Years 1988-1991(2000)

[1988-1990]

  1. 47 Song Demo 8:48
  2. Side 1 Of 88 Song EP 6:22
  3. Side 2 Of 88 Song EP 6:41
  4. Live In Indiana Feb. 20, 1989 6:08
  5. A.C. Side Of Split 7″ With 7.M.O.N. 6:04
  6. A.C. Stuff From Apocalyptic Convulsions 10″ 2:48
  7. Side 1 Of 5,643 Song EP 6:02
  8. Side 2 Of 5,643 Song EP 6:01
  9. Side 1 Of Another EP 5:38
  10. Side 2 Of Another EP 6:03
  11. Outtakes From Another EP 1:43
  12. Live In Schwabisch Hall, Germany 6:59
  13. Live In Berlin, Germany 1:53

[1991]

  1. A.C. Side Of Split 7″ With Meat Shits 6:24
  2. A.C. Side Of Split 7″ With Psycho 5:58
  3. A.C. Stuff From The Master Of Noise Comp 12″ 6:10
  4. Side 1 Of Unplugged EP 6:55
  5. Side 2 Of Unplugged EP 8:38
  6. Side 1 Of Live EP 7:27
  7. Side 2 Of Live EP 7:56

初期の音源を纏めた
コンピレーション

Artemis Records

1988~91年までの
EPやライブ音源
デモ音源を収録

ブックレット内に
レコーディングのクレジットが
詳細に書かれている所が
このバンドを
本気でやっていた事を
感じさせる

2ndでアナルカントを知ってから
日本盤の解説とかで読んだ
伝説?の音源がやっと聴けた

例の5,643 Song EPも収録

Unplugged EPなんか
ドラムが容赦なくブラストかましてるから
アンプラグド感が皆無で面白い
固定観念を吹っ飛ばされる

曲数をちゃんと数えると
20000曲位にはなるという

ゴッチャゴチャの
アンダーグラウンドの空気

2003年8月
Seth Putnam(Vo)
Josh Martin(G)
Nate Linehan(Dr)の3名で
バンドは再結成

Josh Martin(G)が逮捕され離脱
John Kozik(G)が再加入し活動再開

2004年の来日ツアー後
Nate Linehan(Dr)が脱退し
John Gillisが加入

2004年10月
Seth Putnamが
オーバードーズにより
昏睡状態に陥る
「アルコール・コカイン・ヘロインとのコンボだった」
と本人談
生命維持装置による延命で
約2カ月後に意識を回復させたが
脳神経に深刻な損傷を受け半身不随となる
リハビリを続けながら車椅子で活動を再開

Anal Cunt アルバムリスト

次のアルバム

スポンサーリンク

前のアルバム

GRIND CORE  

スポンサーリンク

Seth Putnam 関連

Earache/Toy’s Factory関連

スポンサーリンク

HOME    A