soundgarden KING ANIMAL(2012)

HOME > S > soundgarden album list > KING ANIMAL

スポンサーリンク

soundgarden アルバムリスト

soundgarden (1984-1997,2010-)

サウンドガーデン

Grunge,Alternative Rock

KING ANIMAL (2012)

  1. Been Away Too Long 3:36★
  2. Non-State Actor 3:57★
  3. By Crooked Steps 4:01★
  4. A Thousand Days Before 4:23★
  5. Blood On The Valley Floor 3:49★
  6. Bones Of Birds 4:23★
  7. Taree 3:38★
  8. Attrition 2:53★
  9. Black Saturday 3:30★
  10. Halfway There 3:16★
  11. Worse Dreams 4:53★
  12. Eyelid’s Mouth 4:39★
  13. Rowing 5:09★

6th

Chris Cornell(Vo)
Kim Thayil(G)
Ben Shepherd(B)
Matt Cameron(Dr)

再結成してから
2010年に
未発表曲(Black Rain)収録の
コンピ[Telephantasm]

2011年にライブアルバム
[Live On I-5]をリリース

2012年
ついに6枚目のアルバムをリリース

グランジ的な暗さや湿り気のない
現代的クリアなミックスだが
「あーこれこれ!」となる
サウンドガーデン節

クリス・コーネルの歌は
シャウトも高音も
落ち着いた低い声も
かっこいい
やはり唯一無二

キム・セイルのギターは
生き生きした音で
癖のあるリズムのリフを
繰り出している
楽しんでるなー
炸裂してる

ベンシェパードの
実直なベース

マットキャメロンの
包み込むようなドラム
伸びのあるボーカルと
引っかかりのあるリフ

熱さと浮遊感を行ったり来たり
複雑だが心地よいヘヴィさ

全体的に余裕というか
優しさみたい空気を帯びている

やっぱり凄いバンドだな

歳をとるにつれ
[Down On The Upside(1996)]を
聞く頻度が増えてきてたんで
[6.Bones Of Birds]は
気持ちよ過ぎる

クリスのソロの雰囲気に近い
アコースティック曲も素晴らしい
サウンドガーデン流に
薄っすらひねってある

総じて楽曲のクオリティが高い
さすが

名盤

このアルバムを
もう何周したかわからないけど
スキップせずに通しで聴いちゃう
そんなアルバム
(最近、首、肩、腰が痛くて
リモコンに手を伸ばす事さえ
億劫なのもあります
四十肩って
三十代折り返してなくても
なるんだね)

2017年5月17日
ツアー先のデトロイトで
クリス コーネル死去 享年52歳

グランジはこれだけ時間が経っても
悲しみがつきまとうのか

soundgarden アルバムリスト

スポンサーリンク

前のアルバム

GRUNGE

スポンサーリンク

HOME S