melvins Tres Cabrones(2013)

HOME > M > melvins album list 
> Tres Cabrones

スポンサーリンク

melvins アルバムリスト

melvins (1982-)


メルヴィンズ

Tres Cabrones (2013)

  1. Doctor Mule 4:15★
  2. City Dump 3:28★
  3. American Cow 3:42★
  4. Tie My Pecker To A Tree 1:04
  5. Dogs And Cattle Prods 8:59★
  6. Psychodelic Haze 4:07★
  7. 99 Bottles Of Beer 1:16
  8. I Told You I Was Crazy 6:55
  9. Stump Farmer 2:19★
  10. In The Army Now 1:08
  11. Walter’s Lips 3:13★
  12. Stick ‘Em Up Bitch 4:13

Dale Croverがベースも弾き
(King Buzzoも弾いている?)
元メンバーだった
Mike Dillardがドラムを叩き
Los Melvins(もしくはmelvins1983)名義でリリースされた作品

クランチな歪みのギターに
不思議な響きの電子音と
ギターの単音弾きが絡む
『1.Doctor Mule

ズッシリ重いリフが刻まれ、
深めにリバーブがかかった歌がのる
『2.City Dump
妖しいハウリングノイズと
単音弾きの使い方が絶妙

スロウでタメの効いたリフが
ドゥーミーでストレンジにうねる
『3.American Cow
シンバルが浮き上がってくる

牧歌的なカントリーで
昔のカートゥーン的な
脱力曲『4.Tie My Pecker To A Tree』で
クスッとさせられ

ザクザクと進むギターリフに絡む
太っといベースラインとギャングボーカル
フェードアウトしていくと見せて
新たなリフが紡ぎ出され
ゆっくりな反復の渦を作ったと思ったら
アコギのやさしい響きに包まれる
『5.Dogs And Cattle Prods

重量級のリフにタイトル通りの
サイケでスペーシーな煙たい空気の
『6.Psychodelic Haze

4曲目と同じ雰囲気で始まるが
「ビール」連呼で更に遊んでいる
『7.99 Bottles Of Beer

オルガンにエフェクトをかけたような
奇怪な音と電子音のノイズから
スラッジーな
ギター、ベース、ドラムが加わり
混沌とした雰囲気の
『8.I Told You I Was Crazy

スロウなヘビーリフと暗く淡々とした歌で
割とストレートな短いドゥーム曲
『9.Stump Farmer

軍隊の訓練歌のロールするドラムに
ビッチビッチサノバビッチのおふざけ
『10.In The Army Now

ベースリフに導かれて始まる
シンプルなパンク
『11.Walter’s Lips』はThe Lewdのカバー

続く『12.Stick ‘Em Up Bitch』も
アップテンポなパンクナンバー
中盤の渦が加速していく様がかっこいい

マイク・ディラードの叩くドラムは
デイル・クローバー程重くなく
あまり前に出てこないので
いつものメルヴィンズとはまた違った趣だが
相変わらず良いリフ満載

力の抜けきったヤギのジャケット

(★はお気に入り曲です)

melvins アルバムリスト

次のアルバム
 

スポンサーリンク

前のアルバム

関連バンド

スポンサーリンク

HOME M