BLACK★NASA

HOME > B > BLACK NASA

スポンサーリンク

BLACK NASA (2000-2005)

Stoner,Space,Garage

Atomic Bitchwaxの
Chris Kosnikが
サイドプロジェクトとして結成

Chris Kosnik(B,Vo,G,Key:
The Atomic Bitchwax,Monster Magnet)
Duane Hutter(G,Harmonica)
Corey Stubblefeld(Dr,Perc)

BLACK NASA(2002)

  1. Holy Crap 3:56
  2. I Don’t Have To Hide 2:48
  3. Hot Van 4:24
  4. Monkey Knife Fight 3:05
  5. Ribeye Love 3:26
  6. Cops 2:40
  7. Diamond Girl 4:02
  8. Walkin,Talkin,Blackout Mode 8:30
  9. El Segundo 4:19

1st
Tee Pee Records

Chris Kosnik(B,Vo,G,Key:
The Atomic Bitchwax,Monster Magnet)
Duane Hutter(G,Harmonica)
Corey Stubblefeld(Dr,Perc)

ど真ん中で
動きうねる
存在感満点のベース

ヴィンテージ感のある良い音で
ブルージーでスペーシーな
揺らぎを聴かせるギター

抜群の”間”の取り方で
軽快なドラム

エフェクターのかかった
シャウトと哀愁の歌で
シンプルにかっこいいボーカル
シンガロングな絶品のコーラス

ビヨンビヨンと
レトロフューチャーな味付けが
どこまでも心地よい
宇宙のブルースが繰り広げられている

[3.Hot Van]は
脱力しているのに
説得力のあるメロディの名曲

長尺の
[8.Walkin,Talkin,Blackout Mode]は
素面ではないジャムセッションから
練り上げたであろうインスト曲
8分半の宇宙旅行

宇宙をツアーして回る
ガレージバンドがいるとしたら
な、音
名盤




DEAUCE (2004)

  1. Shabadoo 1:59
  2. Colony 3:39
  3. Kamikaze 3:41
  4. Light 5:09
  5. Thanks Anyway 2:30
  6. Hut Nut 4:38
  7. Boozer 2:48
  8. Talking Candles 4:39
  9. New World 3:05
  10. You Be Illin’ 1:02

2nd
MeteorCity

Chris Kosnik(B,Vo,G,Key:
The Atomic Bitchwax,Monster Magnet)
Duane Hutter(G,Harp)
Corey Stubblefeld(Dr)

ミックスのせいもあるだろうが
前作よりも
音の密度が高く
エフェクターのかけ方も深く
よりギラギラしている
全体的にヘヴィになったが
クリアな音で録音されている
お見事な仕事っぷり

Atomic Bitchwaxを思わせる
フレーズや歌い回しが結構出てくる

インスト曲も長尺ではなく
キッチリと作り込まれた楽曲が並らび
貫禄を感じさせる
哀愁も大盛り
そのぶんガレージ度は減ったが
聴きやすく奥深い1枚

[10.You Be Illin’]は
Run D.M.C.のカバー

2005年にバンドは解散

Chris Kosnikは
The Atomic Bitchwaxと
Monster Magnetで活動

Duane Hutterと
Corey Stubblefeldは
2014年に
40 Pound Houndを結成

スポンサーリンク

関連バンド

stoner/space/psyche

スポンサーリンク

HOME    B