sleep Jerusalem(1999)

HOME > S > sleep > Jerusalem

スポンサーリンク

sleep アルバムリスト

sleep (1990-1998,2009-)

Doom Metal,Stoner Rock,Sludge

Jerusalem(1999)

1-1.Jerusalem (Pt. 1) 9:26
1-2.Jerusalem (Pt. 2) 8:26
1-3.Jerusalem (Pt. 3) 9:01
1-4.Jerusalem (Pt. 4) 10:28
1-5.Jerusalem (Pt. 5) 5:45
1-6.Jerusalem (Pt. 6) 9:01 [total,52:11]

ストーナー教典
1曲52:11

ハッパを運ぶキャラバンの歌詞という
凄まじい内容で
当時所属していたLondon Recordsが
リリースを拒否
London Recordsからはプロモ盤のみ
発売前に海賊版が出回ってしまう

録音してから3年後の1999年にようやく
Rise Above Recordsからリリースしたが
97年にはバンドは解散していた

月日が経ち、曲の良さと
この曲にまつわる”伝説”
『レコーディングの前金をハッパにつぎ込んだ』
『アンプに7万5千ドル使った』
『マスターテープをパイプと交換した』
(後にMatt Pikeが否定「やればよかったな(笑)」)と
曲そのものの素晴らしさによって
徐々に名作だと知れ渡っていった

乾いた砂漠を思わせるロングトーンの
ノイズを纏ったコード鳴らされ
独特なリズムのドラムが入ってくるが
反復に次ぐ反復

微妙に表情を変えて行くが
ものすごーく尺の大きいリフ
(コードを鳴らしてるダケのように聴こえる程)
そのリフの合間を縫うように
それぞれのパートが動き
グルーヴに回転を加えていく

明らかに素面ではない煙たい酩酊感
時々入る野太いが落ち着いた咆哮ボーカル
スペースロック的響きの
ジャムの延長のギターソロ
地を這い回るようなベース

重いリフに移っても暗黒ではなく
ゆったりとした壮大なイメージ
宗教的と言うか神秘的と言うか
天に昇る様なパートもあり
厳かな感じがしてまさに教典

一枚通しで聴かないと意味が無いので
一時間の暇を見つけ
『よっしゃJerusalem聴くかっ』という気合いが必要

昔、友人数人で家に集まってて
MP3プレーヤーをコンポにつないでシャッフルで聴いている時に
この曲が始まると
『まじか…エルサレム』と誰かが言い
『残念〜〜っ 更に長いDopesmokerでした〜』

sleep アルバムリスト

次のアルバム

スポンサーリンク

前のアルバム

関連バンド

スポンサーリンク

Earache/Toy’s Factory関連

スポンサーリンク

HOME S