meat puppets

HOME > M > meat puppets

スポンサーリンク

meat puppets (1980-1996,1999-2002,2006-)

Alternative Rock,Country Rock,Indie Rock,Punk

Meat Puppets II(1984)

  1. Split Myself In Two 2:22
  2. Magic Toy Missing 1:20★
  3. Lost 3:24
  4. Plateau 2:22★
  5. Aurora Borealis 2:44★
  6. We’re Here 2:40★
  7. Climbing 2:41
  8. New Gods 2:09★
  9. Oh, Me 2:59★
  10. Lake Of Fire 1:54★
  11. I’m A Mindless Idiot 2:26
  12. The Whistling Song 2:56

2nd
SST Recordsからリリース

カントリーの香り漂う
力みの無いルーズなオルタナティヴロック

80年代の作品ゆえ自主制作盤のような
インディーズ感丸出しのシンプルなミックス

vocalは泣きながら歌っているのかと思う程
不安定な部分があり生々しい

クリーントーン主体の搔き鳴らしギターは
時にエフェクターで浮遊感を演出し
インスト曲やソロパートは
モロにカントリーで小気味好い

角の取れたbassの音と
シンプルにリズムを刻む
暖かみのあるドラムが心地よい

nirvanaがカバーした『4.Plateau』のエンディングは最高

私の周りでは主にボーカルスタイルが理由で
好き嫌いが別れているこのアルバム

『7.Climbing』は
曲が始まってスグに音割れする部分があり
「あれ〜傷入ってるのかな〜」と
思っていましたが
だいぶ年月が経ってから知り合った
友人所有の同じアルバム
(ボートラ入り再発盤)も
全く同じ音割れがあったので
「これワザとか〜」
となりましたが
わざととは思えない雑な感じ
再発する時にチェックしなかったのか?
マスターそのものの問題なのか?

Curt Kirkwood(Vo,G)が手がけている
抽象的なアートワークと共に
なんか意味が込められてるのかな?と
勘ぐらせる魅力があります
(ポジティブシンキング)

 

Up On The Sun(1985)

  1. Up On The Sun 3:58★
  2. Maiden’s Milk 3:17★
  3. Away 3:30
  4. Animal Kingdom 1:23
  5. Hot Pink 3:22★
  6. Swimming Ground 3:05★
  7. Buckethead 2:19★
  8. Too Real 2:08
  9. Enchanted Pork Fist 2:48★
  10. Seal Whales 2:16★
  11. Two Rivers 3:15
  12. Creator 2:09

名盤3rd

前作にあった悲しみ・痛みが影を潜め
ゆったりとした全てが優しく暖かく
力の抜けたルーズな感じがクセになる
癒しの音が記録された名盤

決してキンキンにならない
クリーントーンギターで
刻まれるリフはとてもキャッチーで
多用されるキラキラと波に反射する
太陽光みたいなアルペジオが心地よい

パンクを少しだけ匂わす脱力ボーカルと
シンプルなコーラスワーク

丸いベースの音と落ち着いたドラムの
一切のストレスが無い音楽

カントリーとジャズとサイケを
抜群のポップ感覚でまとめあげている

このアルバムを聴くと
平日なのに休日だと錯覚してしまう程の癒し効果
スピーカーから音と共にマイナスイオンが出ている
(マイナスイオンが何なのかは、わからない)

Curt Kirkwood(Vo,G)の手による
マグカップのアートワークと
アルバムの内容のシンクロ率が高い

 

Mirage(1987)

  1. Mirage 3:42★
  2. Quit It  2:39
  3. Confusion Fog 3:53★
  4. The Wind And The Rain 2:58
  5. The Mighty Zero 3:18
  6. Get On Down 2:56★
  7. Leaves 2:40
  8. I Am A Machine   4:25★
  9. Beauty    3:04★
  10. A Hundred Miles 3:37
  11. Love Our Children Forever 3:58
  12. Liquified 3:09★

4th
前作で鳴りを潜めていた”悲しさ”が戻ってきた

クリアなミックスのせいもあると思うが
ベースの音が艶っぽくなっている

リフは相変わらず優しく
キラキラしてキャッチーなままで
ボーカルに少しだけど”力み”があるし
3rdの脱力した歌より哀愁が感じられる

アートワークのデザイン
色使いがとっても80’sで
このアルバムをリアルタイムで聴いたわけではないのに
タイトルから幼稚園の先生が乗っていた
2代目の三菱ミラージュを思い出します
私の中の80年代イメージを代表する思い出の車

しかし当時聴いていた音楽といえば
アニメソングを本物とは違う人が歌っている
緑色の変なカセットテープでした
パチソンと言われているヤツです
パチソンを聴き過ぎて
本物のアニメのオープニングの歌に違和感を覚える程でした
私が”パチソン”カセットを聴いていた頃に
meat puppetsはUp On The Sun(1985)
Mirage(1987)を作っていたのですね
百馬身以上離されている感

スポンサーリンク

Monsters(1989)

  1. Attacked By Monsters 4:43★
  2. Light 4:15
  3. Meltdown 3:06★
  4. In Love 3:50★
  5. The Void 6:32★
  6. Touchdown King 6:07
  7. Party Till The World Obeys 4:20★
  8. Flight Of The Fire Weasel 3:16★
  9. Strings On Your Heart 5:10★
  10. Like Being Alive 4:42

6th

ややこもったストーナーな歪みと
エフェクターで揺らされる
『1.Attacked By Monsters』では
もちろん得意の脱力ボーカルだが
飛び道具的にシャウトが使われている
このバンドにしてはヘヴィな曲
リズミカルで浮遊感のあるソロパートが良い

以降、キャッチーなリフと力の抜けた歌の
ポップセンスが光る優しい曲が並ぶ

『5.The Void』は
ダンサブルなリフが
心地よい歪みのギターで反復され
スペーシーな単音弾きが浮遊する
優しいサイケ曲

ドラマチックなギタープレイが多く
ドラムが前に出てベースが若干後退した

ミックスは初期と比べるととてもクリアになった

90年代を目前にした”重さ”が所々で顔を出す
80年代最後の作品

アートワークはまったりした百目

 

Forbidden Places(1991)

  1. Sam 3:12★
  2. Nail It Down 3:37★
  3. This Day 3:18
  4. Open Wide 3:15★
  5. Another Moon 3:43★
  6. That’s How It Goes 3:28★
  7. Whirlpool 3:35★
  8. Popskull 3:10★
  9. No Longer Gone 4:00★
  10. Forbidden Places 3:04★
  11. Six Gallon Pie 3:25★

SST Recordsを離れ
メジャーのLondon Recordsからリリース
7th

メジャーだけあって音がとてもクリアで
分離が良くなめらかなミックス
ギターのクリーントーンがとても良い音
美しいコーラスワークがキャッチーに響き
オルガンやピアノも使用され
バラエティ豊かなアルバム

勢いのある『4.Open Wide』で
バンドのパンク精神が炸裂している

リードトラックの『1.Sam』と
ヘヴィな反復リフでグルーヴ渦巻く
『8.Popskull』では
早口で捲し立てるお経のような歌唱がかっこいい

音も曲も演奏も素晴らしい名盤


メジャー移籍が足枷にならない
ベテランの素晴らしい仕事

アートワークも内容も最高で
Meat Puppetsのアルバムで一番多く聴いています

Too High To Die(1994)

  1. Violet Eyes 3:51★
  2. Never To Be Found 4:46
  3. We Don’t Exist 3:44★
  4. Severed Goddess Hand 2:59★
  5. Flaming Heart 4:49★
  6. Shine 3:50
  7. Station 2:22
  8. Roof With A Hole 3:34★
  9. Backwater 3:42★
  10. Things 4:06★
  11. Why? 4:20
  12. Evil Love 3:07★
  13. Comin’ Down 6:56

8th

ややハードロック度がアップした
バンドサウンドに
相変わらずのルーズでキャッチーな歌メロがのる

ちょうど良い塩梅の
ディストーションサウンドがたまらないし
いつもの奇麗なクリーントーンはもちろん
落ち着いたアコギもあり
ここぞという所で動きツボをついてくるベースと
シンプルでスペースを広くとった
ドラムも良い仕事をしている

イントロも間奏もエンディングも
しっかりと考えられ作り込まれた
無駄の無い楽曲が並ぶ

泣きのギターが炸裂する
名曲『9.Backwater』は
ギターキッズに是非聴いてほしい

14曲目に隠しトラックで
『Lake Of Fire』
(オリジナルはMeat Puppets II収録)の
ニューバージョンが入っている
jazzっぽいアレンジ

ジャッケットが絵ではなく
女装したCurt Kirkwoodの写真…
なんかあったんですかー?

 

No Joke!(1995)

  1. Scum 3:53★
  2. Nothing 6:26★
  3. Head 4:17
  4. Taste Of The Sun 3:58★
  5. Vampires   4:35
  6. Predator 4:31★
  7. Poison Arrow 3:11★
  8. Eyeball 4:04★
  9. For Free 4:29
  10. Cobbler 3:25★
  11. Inflatable 3:27★
  12. Sweet Ammonia 4:15★
  13. Chemical Garden 4:14

9th

頭の2曲でルーズな歌はそのままだが
心地よい重さ
心地よい歪みで奏でられるリフと
ノイズ的音使いの単音弾きが
サイケでヘヴィな空気を作っている

ピアノ主体で『3.Head』は
久々に悲しみに満ちた曲

どこか懐かしい歌メロの『6.Predator』

印象的なリフと優しい歌
『7.Poison Arrow』
『8.Eyeball』でも
ギターソロと効果音的ノイズで
サイケな雰囲気を漂わし
それがことごとくかっこいい

どっしりと構えた
ベテランの貫禄を感じさせる
『10.Cobbler』は
シンプルでヘヴィなベースが効いている

イントロから気持ち良い
『11.Inflatable』
ヴォーカルにディレイが掛かりまくりで
スペーシーなヨレヨレ感が凄い

一筋縄では行かない
リフの反復と広がる様なサビの
『12.Sweet Ammonia』

ヘヴィでサイケな面が強調されたアルバムだが
締めの『13.Chemical Garden』が
アコースティックで安心させてくれる

アートワークは絵に戻ったけど
今回ちょっと雑じゃないですか?

(★はお気に入り曲です)

HOME M

スポンサーリンク