LE SCRAWL Eager To Please(2004)

HOME > L > LE SCRAWL > Eager To Please

スポンサーリンク

LE SCRAWL アルバムリスト

Le Scrawl(1989-)

experimental grindcore, jazz grind

Eager To Please(2004)

  1. Boiling Point 1:23
  2. Antisocial 1:03
  3. Straight Ahead 1:08
  4. One By One 1:22
  5. No For An Answer 1:15
  6. Do Or Die 1:20
  7. Bully 1:22
  8. Working Stiffs 1:18
  9. Riptide 1:26
  10. Sick And Tired 0:37
  11. Should’ve Known Better 1:28
  12. Tenderloin 0:59
  13. Drop Dead 1:37

曲の尺がちょっと長くなって
13曲17分で[Q(1995)]より
1分長いけど
EP扱いのリリース

Mario Anders(Vo,B,Acoustic Guitar)
Simon Weiss(G)
Peter Weiss(Dr)
Michael Kautzsch(Key)
Stefan Goch(Flugelhorn,Trombone,Trumpet)

ベースがハネた音になったし
ギターもヘヴィになった
ドラムは相変わらず高速ジャズで
神経質だが所々でメタル的に突っ走る
これらのパートがヘヴィになったことで
キーボードと管楽器の音との
切り替えのコントラストが際立つ
凄い切れ味

コーラスはOiパンクっぽかったりする

全パートがスキのない引き締まった演奏
角が綺麗に整った工業的な芸術
完璧主義なんだろうなぁ

ジャケットも良い

名盤

LE SCRAWL アルバムリスト

次のアルバム

スポンサーリンク

前のアルバム

GRIND CORE  

スポンサーリンク

HOME L