fatso jetson Archaic Volumes(2010)

HOME F 
> fatso jetson album list 
> Archaic Volumes

スポンサーリンク

fatso jetson アルバムリスト

fatso jetson (1994-)

Archaic Volumes (2010)

  1. Jet Black Boogie 4:12★
  2. Play Dead 4:48★
  3. Jolting Tales Of Tension 3:17★
  4. Archaic Volumes 4:39★
  5. Golden Age Of Cell Block Slang 4:10★
  6. Here Lies Boomer’s Panic 4:52★
  7. Let Go 3:51
  8. Back Road Tar 6:20★
  9. Garbage Man 3:28
  10. Monoxide Dreams 3:37★

6th
Cobraside Distribution inc.

Mario Lalli(G,Vo:ACROSS THE RIVER,Zun)
Larry Lalli(Ba:Yowning Man)
Tony Tornay
(Dr:Brant Bjoke And The Low Desert Punk Band)
Vince Meghrouni(Harmonica,Sax,Vo)
Mathias Schneeburger(Organ,Piano)
Gene Trautman(Dr#10)
Dino von Lalli(G#9)

ブルースハーブの音色に
一発で心を掴まれる
「1. Jet Black Boogie
歌メロの幅の広がりを感じさせる

暖かいトーンの泣きのリフと
泣きの歌メロが響き渡り
隠し味的スライドギターが効いた
名曲「 2. Play Dead

Mario節の独特なリフと
アコギの響きと
テレキャスの音が美しい
インスト「3. Jolting Tales Of Tension

波の様なリフで
ヘヴィサーフとでも言えそうな
「4. Archaic Volumes

ファンキーでダンサブルな
「5. Golden Age Of Cell Block Slang」は
Saxがハマりまくっている

低音弦を使ったリフに
高音弦を使った奇妙な音使いが効いた
古い映画のようなインスト
「6. Here Lies Boomer’s Panic

オルガンとsaxがビンテージ感いっぱいの
「8. Back Road Tar
ダークな雰囲気と
達人同士の間の取り方がかっこいい

締めは優しく幻想的な名曲バラード
「10. Monoxide Dreams」最高

1.2.10は
ヘビーローテーションで聴いてます、
特に「10. Monoxide Dreams」は
夕方〜夜にぴったりで
歳のせいなのか
もう人生に疲れたのか
涙が止まらなくなる

人を選ぶバンドだと思うが
このアルバムは比較的聴きやすい

(★はお気に入り曲です)

fatso jetson アルバムリスト

次のアルバム

スポンサーリンク

前のアルバム

stoner/desert

スポンサーリンク

HOME F