hermano

HOME H > hermano

スポンサーリンク

hermano (1998-)

stoner rock

John Garcia(kyuss,unida,slo-burn)が
フロントマンのstoner rockバンド

kyuss直系のリフで押してくる
グルーヴ渦巻くデザートな音だが
ジャム要素は控えめ

カッチリとした楽曲と
安定感のあるバンドサウンドと
素晴らしい楽曲群
アルバムが出る度に
ニンマリさせてくれる最高のバンド

元kyussの人達のバンドは
どれもかっこよくて
何度kyussの凄さを思い知らされたことか
そんなに凄い人達がみんな
近所に住んでいたパームデザートって…

 

…Only A Suggestion(2002)

  1. The Bottle 4:41★
  2. Alone Jeffe 3:21★
  3. Manager’s Special 3:14★
  4. Senor Moreno’s Introduction 1:16
  5. Senor Moreno’s Plan 4:03★
  6. Landetta 3:49★
  7. 5 To 5 2:56
  8. Nick’s Yea 4:36

Tee Pee Recordsからの1st

John Garcia (Vo)
David Angstrom(G)
Mike Callahan(G)
Dandy Brown(Ba,Organ, Piano)
Steve Earle (Dr)

クリアで分離の良いミックスのモダンな音

vocal,guitar,bass,drumの
全パートがカッコイイし
演奏もプロフェッショナルで
リフにソロにうねるguitarに
さらにうねりを加えるbassの絡みも巧く
メジャー感があり聴きやすい上
作り込まれたアレンジの楽曲が素晴らしい

ローファイ感を出すのではなく
自然体で”今”のstoner rockを聴かせる
イントロのリフを聴いただけで
持っていかれる様な曲が並ぶ
バンドの勢いを感じさせる

 

Dare I Say…(2004)

  1. Cowboys Suck 3:46★
  2. Life 4:16
  3. Roll Over 4:42★
  4. Brother Bjork 5:13★
  5. Is This O.K.? 5:26★
  6. Quite Fucked 2:38★
  7. Murder One 4:09★
  8. My Boy 3:13★
  9. Let’s Get It On 3:24
  10. On The Desert 3:48
  11. Angry American 3:14★

2nd

John Garcia (Vo)
David Angstrom(G)
Dandy Brown(Ba,G)
Chris Leathers(Dr)

guitarが一人脱退し
drumはメンバーチェンジした

John Garciaのvocalの
多彩さ器用さが際立つ

前作より少しだけヴィンテージ感が増し
kyussの香りが強くなっていて
もろにstoner rockな
かっこいいリフのオンパレード
その上どの曲も間奏パートや
ソロのアイデアが練り込まれていて良い

ベテランならではの詰め込みすぎずに
間を生かしたアレンジが効いている

Brant Bjork(kyussのdr)についての曲
『4.Brother Bjork』の
サイケな雰囲気も素晴らしく
bassのDandy Brown(guitarも弾いている)が
良い仕事をしている

渋いアコギ曲「7.Murder One」もあって
アルバムに一本調子ではない
幅をもたらしている

…Into The Exam Room(2007)

  1. Kentucky 3:23★
  2. Exam Room 3:09★
  3. Dark Horse II 2:54★
  4. Left Side Bleeding 4:49★
  5. Out Of Key, But In The Mood 4:31★
  6. Hard Working Wall 3:57★
  7. Bona-Fide 4:19
  8. Don’t Call Your Mama 3:56★
  9. Adoption Boy 4:43★
  10. At The Bar 2:44
  11. Our Desert Home 3:26★
  12. Letters From Madrid 1:56

hermanoは決して期待を裏切らない
やはり良い3rdアルバム

John Garcia (Vo)
David Angstrom(G)
Mike Callahan(G)
Dandy Brown(Ba)
Chris Leathers(Dr)

ギターのMike Callahan復帰
(何があったのさ)

曲の尺コンパクトだが
展開がよく練られていて巧い

John Garciaの声は相変わらず多彩
勢いのある歌
炸裂するハイトーンヴォイス
哀愁を帯びたメロディまで
縦横無尽なんでもござれで最高

最初から纏まりのある良いバンドだったが
もう余裕というか
王者の貫禄というか
各パートの駆け引きや
息の合い方が尋常じゃない
良曲満載のアルバム

ジャケットのアートワークもかっこいいし
文句の付けようがない
完璧

好き過ぎて
家でも車でも友人の家でも
至る所に持っていって聴いていた為
デジパックの白いジャケットが
黒ずんできてます
折れ目から破れたり角が捲れて
パラパラ漫画が描けそうになるのは
デジパックの宿命

デジパック かっこいいけど デリケート
人に貸すなら 覚悟するべし

Demolition 23.(1994)のデジパックは
もう表ジャケがちぎれそう

hermanoはアルバムタイトルに『…』をつけがち

(★はお気に入り曲です)

スポンサーリンク

stoner/desert

スポンサーリンク

HOME H