pentagram First Daze Here Too(2006)

HOME > P > pentagram album list > First Daze Here Too

スポンサーリンク

pentagram アルバムリスト

pentagram (1971–)

First Daze Here Too(2006)

Disc 1
1.Wheel Of Fortune 4:03 ★
2.When The Screams Come  2:47 ★
3.Under My Thumb  3:17 ★
4.Smokescreen  4:05 ★
5.Teaser  3:27 ★
6.Little Games  2:57
7.Much Too Young To Know  4:34 ★

Disc 2
1.Virgin Death  1:42 ★
2.Yes I Do  2:14 ★
3.Ask No More  2:36 ★
4.Man  1:57 ★
5.Be Forewarned  3:59 ★
6.Catwalk  3:34 ★
7.Die In Your Sleep  1:39 ★
8.Frustration  2:03 ★
9.Target  7:26 ★
10.Everything’s Turning To Night 2:29 ★
11.Take Me Away  2:19 ★
12.Nightmare Gown  2:16 ★
13.Cartwheel  2:54 ★
14.Cat & Mouse  2:45 ★
15.Show’em How  10:02 ★

Bobby Liebling(Vo)
Vincent McAllister(G)
Greg Mayne(B)
Geof O’Keefe(Dr)

オリジナルメンバーによる
1971〜76年までの
ハードロック期に録音された
音源を集めたアルバムの第2弾

今回は2枚組22曲という仕様で
Relapse Recordsからのリリース

disk1はスタジオ録音で
既出の曲の別バージョン、リマスターと
『3.Under My Thumb』は
The Rolling Stonesのカバー
爽やかすぎる『6.Little Games』は
The Yardbirdsのカバーで
全7曲

カラっと明るい曲調の『4.Smokescreen』
バイクが似合いそうな『5.Teaser』は
新鮮に響く

『7.Much Too Young To Know』は
リフといいソロといい
ギターの切れ味が抜群
Bobby Lieblingの声に説得力があるし
バンドの熱のこもった演奏の勢いが
素晴らしい

disk2は
バンドのリハーサルの模様を録音した
15曲を収録

時代を感じさせる音質で生々しい
バンドの勢いをとらえた貴重な音源

若いが説得力のあるBobby Lieblingの歌声

Vincent McAllisterのギターは鋭く
リフもソロもキレッキレで
ワウペダルがたまらない

Greg Mayneのベースは太く安定感があり
Geof O’Keefeのドラムは
きっちりツボを抑えていて
ここぞというところで炸裂

4人の息の合った絶妙な駆け引きで
バンドのレベルの高さに感動する

味わい深い音像が
70年代へタイムスリップさせてくれる

ナイス音源発掘

(★はお気に入り曲です)

pentagram アルバムリスト

次のアルバム

スポンサーリンク

前のアルバム

関連バンド

祖先






sabbath children

スポンサーリンク

HOME P