oysterhead

HOME > O > oysterhead

スポンサーリンク

oysterhead (2000-)

Alternative Rock,Neo-Psychedelia

PrimusのLes Claypool(B.Vo)
PhishのTrey Anastasio(G.Vo)
The PoliceのStewart Copeland(Dr)によるスーパーバンド


アルバムはたった1枚だが
ジャムセッションやカバーを交えたライブを
神出鬼没に行っていた
最近あまり音沙汰がない
ホームページも消滅してる…

The Grand Pecking Order(2001)

  1. Little Faces 4:57★
  2. Oz Is Ever Floating 2:49★
  3. Mr. Oysterhead 4:51★
  4. Shadow Of A Man 3:44
  5. Radon Balloon 3:21
  6. Army’s On Ecstasy 4:31★
  7. Rubberneck Lions 5:17★
  8. Polka Dot Rose 3:10
  9. Birthday Boys 3:06★
  10. Wield The Spade 5:48
  11. Pseudo Suicide 4:54★
  12. The Grand Pecking Order 2:35
  13. Owner Of The World 2:45★

「どんな形であれジャンルであれ必ず世に出て来たであろう天才」
と言われる超絶ベーシスト、
レス・クレイプールは
メタルも大好きだった
結果 Primus/プライマスという
尋常じゃないテクニックと変態性を持った
他に無い真にオルタナティブな
バンドが生まれた
その演奏技術と柔軟性
あらゆる音楽に対する懐の深さで
世界最高峰のベーシスト
奇抜なアイデアとユーモア
特徴的な声の持ち主でもあり
魚釣りが好き

Grateful Deadの音楽性と
ヒッピーコミュニティ文化を受け継ぐ
ジャムバンドであり最高のライブバンド
(liveはだいたい4時間超)にして
常に形を変えていく創造性の怪物Phish
ヴィンテージのペダルやアンプにこだわり
カントリー、ジャズ、ファンクと
あらゆる要素を自由に取り入れ
抜群のセンスで
繊細な美しい音を紡ぎ出すギタリスト
いつもニコニコ穏やかな
トレイ・アナスタシオ

固く張ったスネアの音が特徴的
細かく神経質に叩くと思いきや
バンド一丸となって行くときゃ突っ走って
攻めまくるドラマー
プログレ、パンク、ジャズ、エスニック、
クラシックまで造詣が深く
映画や演劇、バレエ音楽の作曲家でもある
The Policeのスチュワート・コープランド

という鬼才3人によって作られた
凄まじいアルバム

変態的音使いのブリブリスラップベースと
ホロウボディの箱鳴りの甘く美しいギター
手数が多い綿密な乾いた音のドラム
キャッチーなツインボーカルのコーラスワーク
一歩間違えばバランスが取れずに
壊れてしまいそうな
これらの要素がきれいに一つの輪になり
テクニカルな緊張感がありながら
演奏力をひけらかすような退屈さ堅苦しさとは無縁の
ユーモアを忘れない素晴らしいメロディを持った楽曲群
熟練の凄腕で半端ないセンスを持つ
達人による究極のジャムセッション
一聴しただけで心を掴まれるが
聴けば聴く程更に良くなる名盤
奇跡の1枚



ジャケのキャラクターがプリントされたTシャツを着ていて
母親に「何?それ?」と言われました
2度程

母さん。オイスターヘッドです。

(★はお気に入り曲です)

HOME O

スポンサーリンク