HORNSS

HOME > H > HORNSS

スポンサーリンク

HORNSS (2010-)

Stoner Rock,Punk,Doom Metal

kyussと同郷のPalm Springsの
デザートロックバンド[Solarfeast]と
Man’s Ruin Records絡みのリリースもある
パンクバンド[The Jack Saints]の
Mike Moracha(Vo,G)
Nick Nava(Vo,B) に
カリフォルニアのパンクバンド
[The Zodiac Killer]の
Bill Bowman(Dr) の
スリーピース


サンフランシスコで結成
ロン毛/髭/デニムベスト

No Blood, No Sympathy (2014)

  1. The Red Death 4:25★
  2. Troubled Rose 2:01
  3. The Maker of Moons 2:59
  4. Heir to the Pickle Throne 2:38
  5. War Gods of the Deep 3:41★
  6. Graceless and Aged 1:49
  7. The Ejaculation of Serpents 3:49★
  8. Haunter of the Dark 4:11★
  9. Debreeding 2:14★
  10. Arzach 3:01★
  11. Below the Root 2:19★
  12. Vine Priest 2:19

1st
RidingEasy Recordsからリリース

メンバーのバックグラウンドである
ストーナーロック、ガレージ、パンクに
ドゥームメタル、サイケ要素を加え
カルトな匂いまで漂わせた所に
キャッチーな歌メロを効かせた
うねるリフのデザートロック

ツインボーカルの合唱に
Buzz Osborne(melvins)っぽい
力の抜けた歌唱

軋むfuzzギターの分厚い音
暖かく煙たいソロ
揺らめくエフェクター使い

ブリブリのリッケンバッカーベースの
丸く太い音

パンキッシュに駆けるドラム

ベテランの懐の深さ
多要素入り混じりつつ
ねじれ曲がりながら
疾走する曲展開にして
懐かしさを感じさせる

女性ボーカルの浮遊する声が良い
[ 7. The Ejaculation of Serpents ] 
スペースロックの広がり
これが本当に素晴らしい曲
最高

このジャケは…
いや…フリーメーソンでは…ない…な

スポンサーリンク

Telepath (2016)

  1. St Geneive 2:58★
  2. Atrophic 1:54★
  3. Manzanita 2:23★
  4. In Fields Of Lyme 2:10★
  5. Sargasso Heart 2:22★
  6. Prince Of A Thousand Enemies 3:07★
  7. The Black Albatross 2:49★
  8. Leaving Thermal 2:36★
  9. The Airtight Garage 2:42★
  10. Old Ghosts 3:19★
  11. Galatic Derelict 3:08★

2nd

小ロット限定生産のドゥームレーベル
STB Recordsからリリース

重量感が増した
混沌や妖しさも増した

ベテランの集まりだし
1stの時点で
音が完成していると思っていたが
全てにおいて濃ゆくなっている

音も太い、凄く太い
ベースは”ぶん殴る”みたいな音

相変わらずコンパクトな楽曲に
煙たいグンニャリとした展開が良い
飽きさせない

[1.St Geneive ]の
“更に遅くなる”展開で
異次元へ

ペッパー・キーナン(coc)の様な
歌唱でのせるメロディがキッチリハマっている

録音はMelvins,Altamont,
Comets on Fire,Earthless
手がけた Tim Green

名盤

聴いてて何度凄いと思ったことか…
…んっ?
このジャケは…
キバヤシ『HORNSSはフリーメーソンだったんだよ!』

つーかコレ、
アメリカのコックリさんじゃねーの?!

Limited edition of 175 units
180g Silver & Hot Pink Swirl




スポンサーリンク

ridingeasy records

スポンサーリンク

HOME H