HORNSS

HOME > H > HORNSS

スポンサーリンク

HORNSS(2010-)

Stoner Rock,Punk,Doom Metal

kyussと同郷のPalm Springsの
デザートロックバンド[Solarfeast]と
Man’s Ruin Records絡みのリリースもある
パンクバンド[The Jack Saints]の
Mike Moracha(Vo,G)
Nick Nava(Vo,B) に
カリフォルニアのパンクバンド
[The Zodiac Killer]の
Bill Bowman(Dr) の
スリーピース


サンフランシスコで結成
ロン毛/髭/デニムベスト

No Blood, No Sympathy(2014)

  1. The Red Death 4:25★
  2. Troubled Rose 2:01
  3. The Maker of Moons 2:59
  4. Heir to the Pickle Throne 2:38
  5. War Gods of the Deep 3:41★
  6. Graceless and Aged 1:49
  7. The Ejaculation of Serpents 3:49★
  8. Haunter of the Dark 4:11★
  9. Debreeding 2:14★
  10. Arzach 3:01★
  11. Below the Root 2:19★
  12. Vine Priest 2:19

1st
RidingEasy Recordsからリリース

メンバーのバックグラウンドである
ストーナーロック、ガレージ、パンクに
ドゥームメタル、サイケ要素を加え
カルトな匂いまで漂わせた所に
キャッチーな歌メロを効かせた
うねるリフのデザートロック

ツインボーカルの合唱に
Buzz Osborne(melvins)っぽい
力の抜けた歌唱

軋むfuzzギターの分厚い音
暖かく煙たいソロ
揺らめくエフェクター使い

ブリブリのリッケンバッカーベースの
丸く太い音

パンキッシュに駆けるドラム

ベテランの懐の深さ
多要素入り混じりつつ
ねじれ曲がりながら
疾走する曲展開にして
懐かしさを感じさせる

女性ボーカルの浮遊する声が良い
「7.The Ejaculation of Serpents」は
スペースロックの広がり
最高

このジャケは…
いや…フリーメーソンでは…ない…な

スポンサーリンク

Telepath(2016)

  1. St Geneive 2:58★
  2. Atrophic 1:54★
  3. Manzanita 2:23★
  4. In Fields Of Lyme 2:10★
  5. Sargasso Heart 2:22★
  6. Prince Of A Thousand Enemies 3:07★
  7. The Black Albatross 2:49★
  8. Leaving Thermal 2:36★
  9. The Airtight Garage 2:42★
  10. Old Ghosts 3:19★
  11. Galatic Derelict 3:08★

2nd

小ロット限定生産のドゥームレーベル
STB Recordsからリリース

重量感が増した
混沌や妖しさも増した

ベテランの集まりだし
1stの時点で
音が完成していると思っていたが
全てにおいて濃ゆくなっている

音も太い、凄く太い
ベースは”ぶん殴る”みたいな音

相変わらずコンパクトな楽曲に
煙たいグンニャリとした展開が良い
飽きさせない

#1.St Geneive の
“更に遅くなる”展開で
異次元へ

ペッパー・キーナン(coc)の様な
歌唱でのせるメロディがキッチリハマっている

録音はMelvins,Altamont,
Comets on Fire,Earthlessを
手がけた Tim Green

名盤

聴いてて何度凄いと思ったことか…
…んっ?
このジャケは…
キバヤシ『HORNSSはフリーメーソンだったんだよ!』

つーかコレ、
アメリカのコックリさんじゃねーの?!

Limited edition of 175 units
180g Silver & Hot Pink Swirl




スポンサーリンク

ridingeasy records

スポンサーリンク

HOME H