blackmail tempo tempo(2008)

HOME B > blackmail > tempo tempo

スポンサーリンク

blackmail アルバムリスト

blackmail(1994-)

Alternative Rock

tempo tempo(2008)

  1. False Medication 3:56
  2. Mine Me I 3:45
  3. (Feel It)Day By Day 4:31
  4. The Good Part 3:13
  5. It’s Always A Fuse To Live At Full Blast 6:00
  6. Shshshame 3:20
  7. Speedluv 4:48
  8. U Sound 3:53
  9. The Mentalist 3:51
  10. Swinging Exit Pleasure 3:42
  11. Pas De Tristesse 2:17
  12. So Long Goodbye 4:04
  13. Tempo Tempo 4:28

6th
名盤

Aydo Abay(Vo)
Kurt Ebelhäuser(G,Vo,Key)
Carlos Ebelhäuser(B,Vo)
Mario Matthias(Dr)

演奏はさらにヘヴィに
歌メロはさらにエモーショナル
ボーカルは基本落ち着き
冷めてるんだけど
所々パンキッシュな歌唱が
顔を出すし
サビ、コーラスが熱い

歌も曲展開も
表現の幅が広がっている

キーボード/シンセサイザーも
前作よりも露骨に炸裂
サイケ感が際立つ
実験的試みだろうと
ひねくれた展開のアイデアだろうと
やりたいことは
思いっきりやるスタイル
“わかりやすさ,とっつきやすさ”と
対局の深化なんだけど
“歌メロ”の魅力が半端ないから
自然に引き込まれる
これは凄いことだと思う

[3.(Feel It)Day By Day]は
超名曲
合唱スタイルのボーカルも
演奏のうねり方も最高の
アンセム
涙腺直撃のメロディ

[4.It’s Always A Fuse To Live At Full Blast]は
オリエンタルなストリングスアレンジが印象的で
打ち込みチックなメカニカルなリズムに
歪んだベースラインと
かっこいい歌の新機軸
サイケにねじれて
遠ざかっていく

[5.Shshshame]は
頭の歌メロが強力すぎる
一発で掴みに来る

[9.The Mentalist]の
歌に呼応するように
伸びるバイオリンのような電子音が
新鮮な響き

[10.Swinging Exit Pleasure]の
もう聴いてもらうしかない
荘厳で美しく登っていくようなサビ

究極に広く解釈されるジャンル
“オルタナティヴ”で
これほど
”聴きやすさ/大衆性”を
保ったまま
当たり前のように
多要素を違和感なく
聴かせられるのは凄い

つっても
そもそも
“オルタナティヴ”の始祖
Janes Addictionが
やってのけたことで
それこそが
“オルタナティヴ”で
“ロラパルーザ”だったはずなんだけど
時代が進むにつれて
逆に難しくなってしまった

ドイツのblackmailは
現在進行形でそれをやってのけてるなー
バンドが最高の状態にあるんだろうなー
と思っていたら
この年
Aydo Abay(Vo)が脱退
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ

blackmail アルバムリスト

スポンサーリンク

前のアルバム

スポンサーリンク

HOME    B