blackmail aerial view(2006)

HOME B > blackmail > aerial view

スポンサーリンク

blackmail アルバムリスト

blackmail(1994-)

Alternative Rock

aerial view(2006)

  1. Electricido 1:28
  2. Moonpigs 3:51
  3. Today 4:06
  4. Couldn’t Care Less 4:12
  5. Meddlesome 3:02
  6. Away With The Fairies 5:00
  7. Everyone Safe 3:43
  8. Me & My Shadow 3:29
  9. Never Forever 3:30
  10. Splinter 3:58
  11. Armory 2:46
  12. Soulblind 3:58

5th

Aydo Abay(Vo)
Kurt Ebelhäuser(G,Vo,Key,moog)
Carlos Ebelhäuser(B)
Mario Matthias(Dr)

1曲目[Electricido]から
ボーカルにはキツめの
歪みエフェクトがかかり
しかも”寸止め”という
ひねくれた印象を与える

前作で炸裂した
冷めたキャッチーさは
一歩下がり
クセのあるメロディが効いていて
素直じゃない感じ

[2.Moonpigs]のサビは合唱

[3.Today]は
哀愁というよりも
“悲しみ”に満ちているような
メロディが多用されている

[4.Couldn’t Care Less]で
やっとこさ哀愁を帯びつつも
光り輝く歌
「I don’t mind」の反復が炸裂
終盤のホーンセクションも炸裂

[5.Meddlesome]の
ハミングと
電子音(これがmoogかな?)の
絡みがやたらかっこいい

[6.Away With The Fairies]は
ドラムリフといい
美しい歌メロと輪唱パートといい
素晴らしいデキ

[7.Me & My Shadow]は
疾走感のあるリフも
ハイトーンの効いた歌も
哀愁炸裂
どこまでも広がり突き抜ける感じ
名曲

[8.Never Forever]は
アコースティックギターと
物悲しいメロデイが絶品
ここまで聴くと
1曲目のひねくれっぷりを
忘れてこのバンドの
メロディにどっぷり

ラストの
[Soulblind]は
奇妙なAメロと
素直なサビから
もう一段の展開がかっこいい
名曲

前作程の
わかりやすさはないが
素晴らしいアルバム

バンドサウンドは
基本路線はそのままに
ちょっとだけヘヴィになり
コーラスに磨きがかかった

Moog(シンセサイザー)を
相当気に入ったのかしら
結構多用されていて
浮遊感と曲がる感じがいい味

blackmail アルバムリスト

次のアルバム

スポンサーリンク

前のアルバム

スポンサーリンク

HOME    B