Quicksand MANIC COMPRESSION(1995)

HOME > Q > quicksand
> MANIC COMPRESSION

スポンサーリンク

quicksand
(1990–1995,1997–1999,2012–)

クイックサンド

post-hardcore,Alternative

Quicksand アルバムリスト

MANIC COMPRESSION (1995)

  1. Backward 1:43★
  2. Delusional 3:57★
  3. Divorce 1:44★
  4. Simpleton 2:35★
  5. Skinny (It’s Overflowing) 2:26★
  6. Thorn In My Side 2:36★
  7. Landmine Spring 3:40★
  8. Blister 2:08★
  9. Brown Gargantuan 4:04★
  10. East 3rd St. 4:01★
  11. Supergenius 2:55★
  12. It Would Be Cooler If You Did 6:27★

捨て曲無しの名盤2ndにして最終作
Island Records

Walter Schreifels(Vo.G:
Gorilla Biscuits,Rival Schools,Youth of Today)
Tom Capone(G:Antidote ,Beyond,Bold,Handsome)
Sergio Vega(B:Collapse,Deftones)
Alan Cage(Dr:Beyond,Burn)

メンバー不動

超名盤

音圧が凄い、硬い

シャウトよりも
メロディを歌う事に比重が置かれ
哀愁のある歌メロがことごとく良い
所々で同じワードを繰り返す
サブリミナルな?歌唱

あくまでも硬派な響き
変則的リズムで
それぞれのパートが縦横無尽に動くが
そこにどっしりと芯の通った一体感があり
ユニゾン時の爆発力と重さが凄まじい

綿密に考えられたアレンジ
完璧なノイズコントロールと
浮遊する鮮やかな
ハーモニクス音のアクセント

アイデア満載
インパクト大のかっこいいリフが
次から次に繰り出される

前作からの緊張感のある暗さから
Gorilla Biscuits的ポジティブさも顔を出す

奇跡的なブレンド、完璧なバランス
最高の一枚



初めて聴いた時から
[11. Supergenius]のリフが
頭を離れない
20年近い付き合い
ほとんど病気ですねぇ〜

サビの締めの
”ズ〜〜〜〜ン”
It just might break
”デーンデンデーンデン ッデンデンッ”
it just might break down
の所とかホント好き

1995年にリリースされたアルバムは
だいたい名盤説
(俺が99年に提唱、周りをポカーンとさせた)
の筆頭的アルバム
つーか
このアルバムの存在が
俺にこの説を唱えさせたでござる
ニンともカンとも、ニンニン

バンドはこのアルバムを出した95年に解散
97年〜99年に一度復活
2012年に再再結成

(★はお気に入り曲です)

Quicksand アルバムリスト

次のアルバム

スポンサーリンク

前のアルバム

関連バンド

スポンサーリンク

HOME Q