porn Wine, Women And Song…(2004)

HOME > P > porn > Wine, Women And Song…

スポンサーリンク

porn アルバムリスト

porn [the men of porn](1998–)

Noise,Doom Metal,Sludge Metal,Stoner Metal,Experimental

Wine, Women And Song…(2004)

1.Succulento 11:57 ★
2.Mastodon Entrée 3:18 ★
3.Glory Will Be Mine 4:53 ★
4.Morning Star Rising 5:41 ★
5.The Five Books Of The Aeneid 14:41 ★
(5-1) Book I. Descent
(5-2) Book II. Assembly Of The Silent
(5-3) Book III. Chimaera Awakens
(5-4) Book IV. What New Desire Of Blood
(5-5) Book V. Purging By Fire
6.Last Song 11:29 ★

2nd、名盤

sleep,Acid King,buzzov-en等を手がけた
プロデューサー/エンジニアの
Billy Andersonがbass,Organなどで参加

ドラムはDale Crover(melvins)
前作EPの実験性がなりを潜め
ロック色が戻った

フィードバックノイズ〜ベースリフ〜
ドンっと炸裂させる
『1.Succulento』
アップテンポの反復リフの間を
それぞれの楽器がねじ曲げる
中盤からの浮遊するギターと
歪んだベースの絶妙な絡み
再び炸裂する展開の
かっこいい長尺インスト
1stでみせた重く爽やかな音像が迫ってくる

ジリジリとした引きずるリフと暗黒感の
スラッジ曲『2.Mastodon Entrée』は
melvinsのアルバムに入っていても
違和感が無い

『3.Glory Will Be Mine』は
擦れたようなベースリフから始まる
重量級リフに次ぐ重量級リフの波
重さがたまらない
今までと違うキレ味のある語る歌唱が
リフのうねりに乗っかった名曲
終盤のドラムの音まで完璧

ブラストありのグラインドコアから
ロングトーン大会〜ノイズ
『4.Morning Star Rising』

不穏なノイズから
煙のようにリフが立ち上る
組曲『5.The Five Books Of The Aeneid』
音の旅行
気がつくと宇宙にいる
あれここ天国だ
いや地獄だ、ハードコア地獄だ
トドメをさされて火葬される旅路
凄い

引きずるスラッジリフと
語る野太い声の『6.Last Song』
中盤からギターのフィードバック音が踊る
スピードアップして疾走し
スラッジへ帰ってくる

Frank Kozikによるアートワークが
暗黒的で宗教的
らしくもないぜ

porn アルバムリスト

スポンサーリンク

前のアルバム

関連バンド

スポンサーリンク

HOME P