porn American Style(1999)

HOME > P > porn > American Style

スポンサーリンク

porn アルバムリスト

porn [the men of porn](1998–)

Noise,Doom Metal,Sludge Metal,Stoner Metal,Experimental

American Style(1999)

1.Comin’ Home
(Smoking Pot On A Sunday Afternoon While Ufo’s Drone Overhead)16:51 ★
2.Dancing Black Ladies 2:27 ★
3.Porch Song 4:11 ★
4.Fat Throut 5:37 ★
5.Teabaggin’ 3:42 ★
6.Ballad Of The Bulldyke 4:33 ★
7.Pyleven 4:09 ★
8.Ode To Theodore’s 2:28 ★
9.Highlife 4:22 ★
10.Ballad Of The Bulldyke (Jam Jar Superstar Remix) 4:27 ★
11.Double Don 5:20 ★
12.End 2:42

1st
Tim Moss(Vo,G,Theremin)と
Jerry Hug(B)のRitual Device組
Acid KingのJoey Osbourne(Dr)他
有名無名沢山の人物が関わって
名門 Man’s Ruin Recordsから
リリースされた

ド頭から長尺のスラッジナンバー
ジリジリとしたノイジーな
ギターのリフ反復と
その間を縫う様なベースと
タメたドラムがゆっくりとグルーヴを回し
4分過ぎから暫しのテンポアップ
そしてまたメインリフへ戻る
6分半過ぎからまたテンポアップ
7分半過ぎからシャウト気味の
シンプルな歌がはじまる
フランジャーかけて歪ませたような
スペーシーなノイズを絡ませ
最終的にミディアムテンポで
気がつけばなんだか爽やかな
『1.Comin’ Home』は
思い切ったサブタイトル付き

長めにシャウトするボーカルと反復リフ
ドラムが引っ張る
『2.Dancing Black Ladies』

心地よい歪みでズンズンとリフを刻み
呪術的なしゃがれ声の歌の
暗黒な『3.Porch Song』は
ノイズコントロールが秀逸

トランシーバーで語る様なボーカルの
Aメロと
ロングトーンのシャウトの対比
『4.Fat Throut』

『5.Teabaggin’』も
トランシーバーボーカル
ノイジーなギターがスペーシーな響き

実験的ノイズから
テンポの切り替えがピーキーな反復リフと
単音弾きギターの絡みが良い
『6.Ballad Of The Bulldyke』は
壁を隔てた向こう側から聴こえてくる様なボーカル

擦る様なリフの反復と
電子音的ノイズが渦巻くインスト
『7.Pyleven』

ハードコアパンク的な
『8.Ode To Theodore’s』

倍音成分多めのシンプルなリフが印象的
ズバリなタイトルの
『9.Highlife』

6曲目のリミックス
『10.Ballad Of The Bulldyke (Jam Jar Superstar Remix)』は
ボーナストラックでは無く
本編のここに持ってくる事に
こだわりを感じる

引きずる重いスラッジリフに
ぶっきらぼうな歌の
『11.Double Don』は
テンポアップした所に
絡むノイズでワープしているような感覚に

実験音楽的ノイズの『12.End』
ドラムソロで幕を閉じる

実験性があり聴き手を選ぶ音だけど
重苦しいでは無く、重く爽やかな音像は他に無い
古いポルノ写真のようなジャケのパンティはヘンプ素材かしら

porn アルバムリスト

次のアルバム

スポンサーリンク

関連バンド

スポンサーリンク

HOME P