melvins Honky(1997)

HOME > M > melvins album list 
>Honky

スポンサーリンク

melvins アルバムリスト

melvins (1982-)


メルヴィンズ

Honky (1997)

  1. They All Must Be Slaughtered 8:17
  2. Mombius Hibachi 1:59★
  3. Lovely Butterfly 2:10
  4. Pitfalls In Serving Warrants 3:36
  5. Air Breather Deep In The Arms Of Morphius 12:12
  6. Laughing With Lucifer At Satan’s Sideshow 2:17
  7. How 3:27
  8. Harry Lauders Walking Stick Tree 3:18
  9. Grin 4:12
  10. In The Freaktose The Bugs Are Dying 29:23★

9th

インディーズの名門
Amphetamine Reptileからリリース

頭の
『1. They All Must Be Slaughtered』から
スロウで長いアンビエントをかまし

カウントで始まる
うねる反復リフがヘヴィな
『2. Mombius Hibachi』はドラムが炸裂

ノイズが凄まじいインダストリアルな
『3. Lovely Butterfly』から
物悲しくヴィンテージ感があるのに
スペーシーな
『4. Pitfalls In Serving Warrants』と
ヘンテコな曲が続き

再び宗教音楽の様な長尺アンビエントの
『5. Air Breather Deep In The Arms Of Morphius
中盤から展開を二転三転させる
プログレ的なスケールの大きい曲
捻くれていて難解

気の抜けたような
ギター/ベースレスの打ち込み?曲
『6. Laughing With Lucifer At Satan’s Sideshow

だんだん速くなる
打ち込みっぽい音のドラムと
アンビエントノイズの『7. How

遠くで鳴っている様な
物悲しいウエスタンのしゃがれ声バラード
『8. Harry Lauders Walking Stick Tree

打ち込みのパーカッションとドラムと
力の無いボーカルとギター
『9. Grin
と割とふざけている感じもするが
インディーズの自由を満喫している?

ラストにヘヴィで凄まじい展開の
『10. In The Freaktose The Bugs Are Dying
トドメのサヨナラホームラン

しかし4:18以降無音

このアルバムが
初めてのメルヴィンズだった友人は
以降
melvinsを聴かない人生を送っています
「ヘヴィでかっこいい所はあるが
ダルいパートが多すぎる」そうです
アルバム毎に結構違う事を説明しましたが
第一印象は拭えないみたいです

Prick(1994)程ではありませんが
なかなかの地雷感があります

ヘヴィなmelvinsらしい
『2. Mombius Hibachi』の
PVを見てから考えましょう

(★はお気に入り曲です)

melvins アルバムリスト

次のアルバム
 

スポンサーリンク

前のアルバム

関連バンド

スポンサーリンク

HOME M