melvins (A)Senile Animal(2006)

HOME > M > melvins album list 
> (A) Senile Animal

スポンサーリンク

melvins アルバムリスト

melvins (1982-)


メルヴィンズ

(A)Senile Animal (2006)

  1. The Talking Horse 2:40★
  2. Blood Witch 2:44★
  3. Civilized Worm 5:57★
  4. A History Of Drunks 2:19★
  5. Rat Faced Granny 2:40★
  6. The Hawk 2:34★
  7. You’ve Never Been Right 2:29★
  8. A History Of Bad Men 6:42★
  9. The Mechanical Bride 6:25★
  10. A Vast Filthy Prison 6:44

会心のデキの14th
Ipecac Recordings

Jared Warren(B)
Coady Willis(Dr)の
Big Businessの二人が加入
ツインドラムの4人体制になり、
ドラムだけでなくコーラスも強力になった

グルグルとうねるグルーヴィーリフの
[1. The Talking Horse]は
終盤の溜めてから炸裂する展開が最高

スロウテンポで
引っかかる変拍子リフと
合唱するボーカル
終盤にひねる展開の[2. Blood Witch]
リフの切れ目に叩かれるパーカッション?のアイデアが秀逸

ゆったりしたリズムに
ズッシリと心地よい歪みのリフ
シンプルで爽やかさと哀愁を併せ持つ
歌メロの分厚いコーラスワークが
涙腺を刺激する名曲
[3. Civilized Worm]

軽めのギターリフでポップに疾走する
[4. A History Of Drunks]

一転して重く混沌としたヘヴィーチューン
[5. Rat Faced Granny]で
さらに疾走しラストのドラム乱れ打ちから
そのまま[6. The Hawk]の
うねるリフに突入する
掛け合いのコーラスが良い

続く刻みまくるリフの
[7. You’ve Never Been Right]
コンパクトで速いハードコア曲の並びで
畳み掛けてくる

スラッジな
[8. A History Of Bad Men]は
輪唱するコーラスがかっこいい

更にスラッジで暗黒感のある
[9. The Mechanical Bride]
ドラムのタメが効いている

楽器演奏も歌も
密度の高いすばらしいアルバム
アンビエントなノイズパートが無く
ストレートな楽曲が並んでいて
ヘヴィだが聴きやすい

これを聴いてBig Businessを知りました
当時組んでいたバンドの
ドラムが買ってきて
みんなで聴いて度肝を抜かれました

King Crimsonのダブルトリオ編成の[THRAK(1995)]以来
(子供ゆえlive映像見るまでわけがわからなかった)
そして『Divorced』[The Crybaby(2000)]収録以来のツインドラムの衝撃

私の住む田舎はドラマー人口が少なく
ツインドラムなんて
想像もできませんでした
ドラマーが二人いるなんて
そんな贅沢があるってのか?
こっちは
「ギターが二人いるけどベースがいないから
ジャンケンで負けた方がベース」
という鉄の掟が

(★はお気に入り曲です)

melvins アルバムリスト

次のアルバム
 

スポンサーリンク

前のアルバム

関連バンド

スポンサーリンク

HOME M