clutch From Beale Street To Oblivion(2007)

HOME C > clutch album list > From Beale Street To Oblivion

スポンサーリンク

clutch アルバムリスト

clutch (1990-)

クラッチ

stoner rock, hard rock, blues

From Beale Street To Oblivion(2007)

  1. You Can’t Stop Progress 2:40★
  2. Power Player 3:04★
  3. The Devil & Me 3:55★
  4. White’s Ferry 5:22★
  5. Child Of The City 3:52
  6. Electric Worry 5:14★
  7. One Eye Dollar 1:24
  8. Rapture Of Riddley Walker 4:08
  9. When Vegans Attack 4:54★
  10. Opossum Minister 4:26
  11. Black Umbrella 4:04★
  12. Mr.Shiny Cadillackness 5:10★

8th

頭からバンドが一丸となった
勢いのあるグルーヴが炸裂する
「1.You Can’t Stop Progress」

勢いそのままに続く「2.Power Player」の
ギターソロのドライブ感がかっこいい

悲しげな空気が
サビで徐々に熱を帯びていく
「4.White’s Ferry」は
中盤の更に熱気を増す演奏と
落ち着いていくエンディング
遠ざかっていくアウトロまでかっこいい
名曲

ハーモニカがいい味を出す
「6.Electric Worry」は
各楽器間の駆け引きが素晴らしい

バンドアンサンブルの職人技が光る
「9.When Vegans Attack」

再びハーモニカがたまらない
「11.Black Umbrella」

ゆったりとしたグルーヴと
サイケな音使いの
「12.Mr. Shiny Cadillackness」

練られた楽曲群
アイデアに満ちたギター
やっぱりかっこいい鍵盤

なぜ私は小学校の時に
オルガンに興味を持たなかったんだろう

鍵盤ならピアノでもピアニカでも
家電量販店においてあるエレクトーンでも
超高速で「猫踏んじゃった」をループで
弾いていた同級生に習えばよかった

彼は満面の笑顔で鍵盤を叩いていた

楽器を弾いてハイになっている人を
生で見たのはあれが初めてだった

失敗せずに長い事ループさせてる時の
あの満足そうな顔が頭に焼き付いてる

月日が流れ
超高速で「猫踏んじゃった」を弾く子供は
どこの小学校にも何人かは存在したと
判明した(俺の周り調べ)

シンクロニシティー

clutch アルバムリスト

次のアルバム

スポンサーリンク

前のアルバム

stoner / blues

スポンサーリンク

HOME C