cavity Laid Insignificant(1999)

HOME > C > cavity album list > Laid Insignificant

スポンサーリンク

cavity アルバムリスト

Cavity(1992-2003,2017-)

sludge core

Laid Insignificant(1999)

1.Laid Insignificant 5:02 ★
2.The Woods 5:37 ★
3.9 Fingers On The Spider 4:52 ★
4.Marginal Man 1:19 ★
5.I May Go 3:50 ★
6.Spine I 0:37
7.Spine II 1:53 ★
8.A Bitter Cold Spell 5:30 ★
(曲目は再発のHydra Head盤)

PusheadのBacteria Sourから
リリースされたミニアルバム
オリジナルは6曲入り
Hydra Headの再発盤は
曲目が少し変更
(Pusheadがボーカルのバンド
Septic Deathのカバー↓が外された)

アートワークもAaronデザイン

Rene Barge(Vo)
Anthony Vialon(G:Floor)
Juan Montoya(G:Torche,Killer Be Killed)
Daniel Gorostiaga(Ba)
Betty Monteavaro(Dr:Floor)

「1.Laid Insignificant」から
後のカオティックハードコアに通じる様な
怒涛の展開を見せる

ボーカルにRene Bargeが復帰してるし
ギターもドラムもメンバーチェンジしてて
同じく99年リリースの
3rd[Supercollider]と
この音源の間に何があったんだろうか

Pusheadの影響もあるのか
ハードコア成分が増量されている

それに呼応する様にスロウな
スラッジパートの重苦しさも際立つ
ウネウネと形を変えていく様に展開し
「3.9 Fingers On The Spider」では
もろハードコアの疾走が炸裂

落ち着いた演奏から
叩きつけるヘヴィリフへ形を変える
「5.I May Go」懐の深さを感じさせる

「8.A Bitter Cold Spell」で
ザラッとした中に哀愁を漂わせて終わる
名盤

cavity アルバムリスト

次のアルバム

スポンサーリンク

前のアルバム

関連バンド


スポンサーリンク

sludge band

スポンサーリンク

HOME C