Arabs In Aspic Far Out In Aradabia(2004)

HOME A > arabs in aspic > Far Out In Aradabia

スポンサーリンク

Arabs In Aspic アルバムリスト

arabs in aspic (1997-)

heavy progressive psyche

Far Out In Aradabia(2004)

1. Arabs In Aspic II 6:54★
2. Seventytwo/Hair Of The Sun 7:34★
3. Siseneg 5:29★
4. Talking Mushroom 6:18★
5. Come To Me 6:05★
6. Butterpriest Jam 18:47

2nd

Jostein Smeby(G.Vo)
Eskil Nyhus(Dr)
Terje Nyhus(B)
Tommy Ingebrigtsen(Acoustic G,Theremin)
Magnar Krutvik(organ)

ヘヴィだがヴィンテージ感のある
枯れたトーンで繰り広げられる
Black Sabbath由来のダークさと
暖かくどこか懐かしいプログレッシヴ

スタジオジャムの雰囲気から
Sabbathなリフへ
キーボードがスペーシーな音色で絡み
一旦落ち着いてから
「語り」が始まる
[1. Arabs In Aspic II]
中盤からのヘヴィなうねりがかっこいい
そこからさらに展開、展開

波のようなリフ
アルペジオとピアノの絡み
オペラのようなボーカルの響き
暖かい音色で紡がれるテーマ
異世界に誘う
[2. Seventytwo/Hair Of The Sun]

終盤の民族音楽的展開が凄い
[3. Siseneg]

絶妙なバンドアンサンブルで
繰り広げられる奇妙な世界
[4. Talking Mushroom]

哀愁の歌メロと
アコースティックギターと
ヘヴィリフのコントラスト
[5. Come To Me]
土台となるドラムが良い

スケールの大きい
長尺インストジャム
[6. Butterpriest Jam]
締め方が完璧

名盤

1stとの
カップリング再発もあったが
なかなかの入手困難っぷり

Arabs In Aspic アルバムリスト

次のアルバム

スポンサーリンク

前のアルバム

Prog

スポンサーリンク

HOME    A